おつ子速報 そばさん歓迎会溺れるチキータ聡子オーガズムきこりと僕と対面座位

ルール:セピアさん→そばさん→ちきーたさん→アクト→moc→RDさん→ おつ子さん→のえるさん
    の順番でセピアさんの出したテーマを元に作文をつなげる。
    3順してノエルさんで〆
 
「ボクは嘘しかつけない人間、そう言い張る少年がいました。」
「町の人に嘘を巻き、その様子をこっそり伺って、一人で楽しんでいました。」
「今日も街にでて、一人暮らしのおばあさんにささいな嘘をつきました。」
「でも、そのおばあさんは実は魔法使いだったのです」
「おばあさんが魔法使いだとは当然知らない少年はいつものように嘘をつきます。」
「おばあさん、知ってる?この街に魔法使いがいるんだって。」
「おや、まあ、それは素敵なお話しね。良かったらもっと聞かせてちょうだいな。」
「手を使わなくてもオムライスが作れるんだって!」
一巡目終わり

「それは本当かい・・?実は、私も面白い話を知っているのよ・・嘘つき坊主の話とかねぇ。」
「お婆さんの細い目が、急にとてもおそろしいもののように思えて、少年は泣きそうになりながらも言葉をつづけました」
「そ、そう?それは知らないなぁ、それでねその魔法使いはケチャップのかわり子供の血で・・・」
「その時、おばあさんは細い目を大きく見開き!」
「その大きな体を起こしました。そして一言『ハッ!夢か!』」
「おばあさんが目覚めると、街の少年が家に訪ねてきて言いました。おばあさん、知ってる?この街に夢を操るすごい人がいるんだって!」
「少年は続けてこう言いました。おばあさんは狙われている、とおばあさんは目を丸くし、一瞬考え、そしてこう言いました」
「おや?誰があの男を雇ったのかしら?」
二順目終わり


「少年は言いました。『おばあさんの夢に出てきた男の子、見おぼえない?』と。その少年の声は、昔聞き終えてしまった、大切な人の声とそっくりでした。」
「「僕は嘘しかつけないんだ」 思い出の中の声が、被さるように聞こえた気がした。」
「今の声は・・・?」

「『そうかい、あの人(男)が帰って来たのかい』とおばあさんは呟き『チキータ(男の子)あの人を捕まえるには夢の中へ行かないと行けないから、私も年だ手伝ってくれないか』」
「おばあさんは魔法をつかい少年と一緒にその男の元へ向かいました。そして夢を操る男と向かいあった時、少年の姿はありませんでした。おばあさんに少年を運ぶ力はなく、
少年は道中海に落ちてしまいました。嘘をつき続けた少年の悲しい末路」
「やっと会えたわね。そうそう、最近雇った男からこんなもの預かってたんだわ。わたしが狙われてるからってあなたがよこしてくれたんでしょ?
あの男・・・。おばあさんは少年に預かっていた指輪を渡しました。」
「二人がその指輪を覗き込んだ瞬間、指輪は爆発してしまい二人は天に召されてしまいました。 魔法を使うお婆さん、夢を操る少年、ウソしかつかない少年、それは
街の秩序を保とうとする街の長の策略だったのです。」


これの日、ノエルさんが伝説のフレーズ、「オムライス」を考えましたw
1年の締めくくりの文章作成の時の様子を見るには
↓ココ!↓
おつ子 > ごはぁぁぁぁぁああん
おつ子 > ごはぁぁぁぁぁああん(大魔王様風)
おつ子 > いてきまー


chiquita > wwwwww
moc > wwwwww

アクト > そばさんが、よければご厄介になりたいのですがと
アクト > 申出があったよw


moc > おー
ゼフィ > おー

moc > 先人は言いました
moc > 付き合うまでが恋愛だと


かまたまそば > よろしくお願い致します。お世話になりますm(__)m

アクト > だいたい9時ごろからみんな上がりだすので
アクト > それくらいになったら、猟団で集まろうよって感じですね




chiquita > こちらこそー、歓迎いたします
chiquita > 集中して欲しいものがあれば
chiquita > よそで狩り続けててもおっけーですよー



アクト > ちなみに、素材とかで分からないことあったら
アクト > えーじさんって人いるから聞くと何でも知ってるよw



アクト > ゼフィさんは、リアン青にしたのね

ゼフィ > 青しか作りません(*´∀`)
ゼフィ > 多分・・・


moc > ゼフィさん=青だよね
moc > 髪からプーギーから装備まで


chiquita > ブタも毒もってそうだったね

ゼフィ > ∑(・∀・;ノ)ノ
ゼフィ > 毒なんて持ってません><;


chiquita > あ、だれか変態さるいきませんか?

moc > いくーーー!

chiquita > ありがとー

moc > ん?
moc > 変態サルって俺のこと?


chiquita > どこをどうやってそう解釈したのw

ゼフィ > 変態=m サル=oc?

chiquita > ゼフィさん・・・
おつ子 > ゼフィさん・・・
moc > ゼフィさん・・・

ゼフィ > ∑(・∀・;ノ)ノ
moc > 紹介します
moc > 新メンバーのそばさんです
moc > パチパチパチ


おつ子 > パチパチパチパチ
セピア > パチパチパチ
Noel > ピチピチピチピチ

かまたまそば > よろしくです!


moc > ここでみなさまに提案があります
moc > セピアさん→そばさん→ちきーたさん→アクト→moc→RDさん→
moc > おつ子さん→のえるさん
moc > の順番で作文作って
moc > そばさんの歓迎会してみない?


moc > 本職2人のあとだから

セピア > なんかそういう企画あったよねぇ 芸人でバトンするみたいな
かまたまそば > ありましたねぇ

moc > 内Pだっけ?
セピア > だっけ?
セピア > おもしろかったけどねぇw


chiquita > さあこの提案はどうなるのかなw
アクト > やるの?w

moc > やってみたい
moc > けどもう順番は忘れた


かまたまそば > w 合宿で同じようなことをやって
かまたまそば > 見るも無残な作品ができたのを思い出したw
かまたまそば > 最後の一文だけやたら感動的

セピア > もっとひどくなると予想
セピア > 今夜はおおしけの模様


chiquita > 船は出せねえ・・・

moc > www
セピア > 助け舟って意味かw

moc > 新しい海に出た時に発見できることだってあるんだぜ?
moc > まぁこの集まりだとろくなものは見つからないだろうけどね!!
moc > セピアさんそばさんちきーたさんアクト俺RDさんおつ子さん
moc > のえるさん


Noel > 行こうよ 行けばわかるよ  よしこ
おつ子 > なにか面白そうな匂いがしますね

moc > んでは開始前の
moc > 順番トレードターーーイム
moc > ルール:お互いの交渉さえ成立すれば
moc > 順番交代してもおっけー


セピア > なんのための順番決めだったんだww
RD.-桜華- > 忘れたんだねw


moc > のえるさん!
moc > 断る!


Noel > Σ(゚д゚lll)ガーン

chiquita > のえるさーん
chiquita > 断る


Noel > Σ(゚д゚lll)ガーン

おつ子 > ノエルさん、ごめんね

Noel > Σ(゚д゚lll)ガーン

かまたまそば > 他をあたってください(´・ω・`)

Noel > Σ(゚д゚lll)ガーン

セピア > どん☆まい

moc > さあ盛り上がってきましたトレードタイム
moc > まだまだ時間たっぷりあるよ


chiquita > もりあがってねえよw

セピア > お題はなんだい?
セピア > 順番決めのあとかぃ?
セピア > だとしたら 最初はこわいねぇ


moc > お題はトップの人の好みでいこう

かまたまそば > むしろ、最初が一番気楽かもしれませんよw

アクト > 俺は適当に
アクト > ザ・ワールド!!って言うつもりよ


moc > www
moc > ここで言わないでくれw


chiquita > もう繋ぎ大変だねw

moc > なんかこう本職の2人的に
moc > これはナシとかこういうのは入れてね
moc > とかってある?


セピア > いや 楽しくなればいいんじゃない?w
かまたまそば > ですねw

moc > りょうかーい
moc > では準備は
moc > いいですか?


chiquita > どぞー
アクト > どうぞー

セピア > 「」にでも入れますか わかりやすく

moc > りょうかい
moc > 括ればいいのね


chiquita > らじゃ!

セピア > ボクの書きたいテーマでいくねぇw
セピア > みんなに期待しとくw


moc > まかせて!

セピア > 「ボクは嘘しかつけない人間、そう言い張る少年がいました。」
セピア > あとはまかせたw


かまたまそば > 「町の人に嘘を巻き、その様子をこっそり伺って、一人で楽しんでいました。」

moc > 本職すげえ
chiquita > これはこわい

chiquita > 「今日も街にでて、一人暮らしのおばあさんにささいな嘘をつきました。」

アクト > 「でも、そのおばあさんは実は魔法使いだったのです」

moc > wwwww
セピア > 吹いたwww
アクト > まじめに書きました
おつ子 > wwww
moc > なんという無茶振り
chiquita > がんばって!w

RD.-桜華- > 主人公かすむw

moc > 「おばあさんが魔法使いだとは当然知らない少年はいつものように嘘をつきます。」

セピア > 上手く拾ったなぁ・・

moc > 文字数制限のバカヤロウ
moc > ムチャ振りできなかったじゃないかw


RD.-桜華- > 次わたしかな?
moc > 誰だっけ?w
RD.-桜華- > たしかわたしのはずw
おつ子 > RDさんでその後僕で次ノエルさんー
RD.-桜華- > ちょっとまってね・・・

moc > ごゆっくりー

アクト > 平凡な街をファンタジーにしてスイマセン;;

moc > www
chiquita > wwww

RD.-桜華- > 「おばあさん、知ってる?この街に魔法使いがいるんだって。」

moc > !!
moc > すげええええ

セピア > なにこの展開?
セピア > すごいなw

chiquita > うまいね
Noel > 頭割れそう;;

かまたまそば > 上子雨林

chiquita > 難しい4字熟語が・・・

moc > なんとなくエロいと思ったのは俺だけじゃないはず
Noel > 上の子濡れ濡れと思いました スイマセン
moc > のえるさん兄弟と呼ばせておくれ

かまたまそば > 神降臨(゚∀゚)の誤字だと言ったら、どうなるでしょう(´・ω・`)

セピア > wwwwww
moc > wwwww
RD.-桜華- > wwwwww
chiquita > wwww
アクト > wwwwww
Noel > www

chiquita > そばさんがいうから凄い意味があるかと思ったのにw
moc > どうやら釣られたみたいだよ僕達w

アクト > それどころではない、おつ子です^^


おつ子 > 「おや、まあ。それは素敵なお話しね。良かったらもっと聞かせてちょうだいな。」

かまたまそば > おお、いい口調w
RD.-桜華- > スプーンおばさん思い出したw
moc > 絵本みたいだね

moc > やべえw
moc > この文作り終わったあとの開放感
moc > なんだろね

セピア > また回ってくるぜw

おつ子 > あと2回もあるのか・・

アクト > 前の人が予想外のこと書くと飛ぶよね

chiquita > 3順なげえなw

セピア > 予想以上に 面白いのは ボクだけ?w
moc > 楽しいよすごく
おつ子 > こういうの好きよー

おつ子 > RDさんの後ろはすげえプレッシャーだぜ・・
セピア > ノエルさんに生かされるか殺されるか・・

Noel > 「手を使わなくてもオムライスが作れるんだって!」

chiquita > wwwww
セピア > wwwww
かまたまそば > www

セピア > 次 ボクだよね

chiquita > 二週目で終焉を迎えるねww

moc > 俺の中でこのおばあさんの絵
moc > 画太郎先生が描いてるんだけど・・


おつ子 > wwww
Noel > 大先生www
おつ子 > そうとしか思えなくなっちゃうwww
アクト > やめてww

アクト > しかしそれどころではない、セピアさん!!

セピア > 「それは本当かい・・?実は、私も面白い話を知っているのよ・・嘘つき坊主の話とかねぇ。」
セピア > 何を書けばいいのか 全くわからんw


moc > http://zenpukuji.agqr.net/img/img219_wagina.JPG
moc > 参考画像


おつ子 > 参考というかこれ見ると一気におばあさん像が決まってしまうww
moc > ワギナになるぞー!!

おつ子 > wwww
Noel > wwww

Noel > 自分のBANじゃなかったらなんか元気になれるよ
アクト > 回ってくる2つ前くらいから考え出すよね
セピア > オムライスは予想外だった・・

かまたまそば > 「お婆さんの細い目が、急にとてもおそろしいもののように思えて、少年は泣きそうになりながらも
かまたまそば > 言葉をつづけました 」

chiquita > 「そ、そう?それは知らないなぁ、それでねそのおばあさんはケチャップのかわりに子供の血で・・・」

おつ子 > なんか怖い話しになって参りました
Noel > おばあさん言っちゃってるwww

RD.-桜華- > 魔法使いがいつの間にかおばあさんにww

セピア > wwwww
セピア > 言われてみればw


アクト > 「その時、おばあさんは細い目を大きく見開き!」

moc > 「その大きな体を起こしました。そして一言『ハッ!夢か!』」

RD.-桜華- > wwwww
chiquita > オチたぞ!www
おつ子 > wwww
アクト > 良いのかいwww
RD.-桜華- > どう繋げろとwwww
Noel > うぇwww
セピア > 終わったwww

moc > gjあり

セピア > 第二部スタート?
moc > もうちょっとだけ続くんじゃ
おつ子 > あと1巡つなげてやってみようよww
アクト > RDさんがむごいww

RD.-桜華- > 「おばあさんが目覚めると、街の少年が家に訪ねてきて言いました。
RD.-桜華- > おばあさん、知ってる?この街に夢を操るすごい人がいるんだって!」


アクト > おつ子が、大事になってきましたですw
moc > RDさんすごすぎる
アクト > 下手にmocに振ると終わらせるw

セピア > 見えなくなってきた これはwktk
かまたまそば > 一回テーマから完全に乖離するのは、上手いと思うw

おつ子 > 「少年は続けてこう言いました。おばあさんは狙われている、と
おつ子 > おばあさんは目を丸くし一瞬考え、そしてこう言いました」


Noel > 「おや?誰があの男を雇ったのかしら?」

RD.-桜華- > キャラ増えてきたw
moc > www
アクト > 殺し屋なのかww
chiquita > wwww
おつ子 > wwwww
moc > ラスト1巡じゃ終わりそうもない伏線w
アクト > mocが終わらすだろw
moc > www
RD.-桜華- > ハッ夢か・・・w
アクト > 夢落ち重ねようぜw
おつ子 > wwwww

RD.-桜華- > なんかこのまま終わらない気配・・・w
おつ子 > dkdkが止まらない
Noel > 9回ウラ最後のバッターの緊張感が蘇ってきた・・
アクト > ストッパーmocが危険です

セピア > 「少年は言いました。『おばあさんの夢に出てきた男の子、見おぼえない?』と。
セピア > その少年の声は、昔聞き終えてしまった、大切な人の声とそっくりでした。」


RD.-桜華- > 雇った男スルーw

おつ子 > wwwww

アクト > ww

Noel > 。・゚・(ノД`)・゚・。

かまたまそば > これはヘビィなパスだ…しかし、最後の回帰点な気もするw

かまたまそば > 「「僕は嘘しかつけないんだ」 思い出の中の声が、被さるように聞こえた気がした。」

おつ子 > ノエルさん、任せておいてよ!
Noel > おつ子さん怖いwww

アクト > 「『そうかい、あの人(男)が帰って来たのかい』とおばあさんは呟き
アクト > 『チキータ(男の子)あの人を捕まえるには夢の中へ行かないと行けないから、私も年だ手伝ってくれないか
アクト > 』」


chiquita > ちょっとwww
Noel > www
RD.-桜華- > 名前決定ww
かまたまそば > ww
セピア > wwwww

アクト > 身近なところで使わせてもらいました

おつ子 > ちょいトイレふぇー
Noel > わたしもトイレー
セピア > ボクもトイレー

moc > みんなガマンしなくていいのにw
moc > 「おばあさんは魔法をつかい少年と一緒にその男の元へ向かいました。
moc > そして夢を操る男と向かいあった時、少年の姿はありませんでした。


RD.-桜華- > なげぇw
RD.-桜華- > mocさん、そこで物語おわらないよね?よね?w


アクト > wwww
おつ子 > www
Noel > www

アクト > ハッがありえるねw
chiquita > またかwww
RD.-桜華- > wwwww

Noel > おばあさんが魔法使ってない件

moc > おばあさんに少年を運ぶ力はなく、少年は道中海に落ちてしまいました。嘘をつき続けた少年の悲しい
moc > 末路」


おつ子 > wwwwww
chiquita > これはひどいwww
RD.-桜華- > wwwwww
かまたまそば > !?
アクト > 終わらせやがったww

moc > 一応設定簡略化するために
moc > 一人減らしといたよ


アクト > 少年の姿はありませんで止めれば良かったかもよwww
RD.-桜華- > 夢の少年と町の少年がごっちゃに・・・
おつ子 > wwww
おつ子 > あと3人でこの物語終わってしまう・・・


RD.-桜華- > ・・・続けるの?あそこから?w
おつ子 > RDさんに期待
アクト > 正直落ちたよねww

RD.-桜華- > 街の少年はうそつきじゃないのにw
おつ子 > wwwww

RD.-桜華- > なんで落とされたんだw

moc > おばあさんほら
moc > 高齢だから
moc > 間違えちゃった


RD.-桜華- > wwwwww
Noel > wwwwwwwwwww
おつ子 > wwwwwwww

RD.-桜華- > で、おばあさん今どこにいるんだw

かまたまそば > www
moc > おばあさんは伝説の木の下で
moc > 男と向かい合ってるよ


おつ子 > wwwww
RD.-桜華- > 会えて無いんじゃなかったのかwww

moc > いやいや

Noel > 卒業式の日に告白すると続くってやつだね

moc > 道中で少年は海に落ちた
moc > おばあさんは無事到着


RD.-桜華- > 夢の少年いなかったじゃんw
アクト > チキータさんが海に落ちたのね

RD.-桜華- > あ、向かい合ってるねw
RD.-桜華- > 失礼w


moc > おお?
moc > 生きてたんだよかった・・


おつ子 > wwwwww
chiquita > wwww

RD.-桜華- > 勘違いしてたよ、続けようw
おつ子 > チキータさん夢の国では大変な目にあったみたいだね・・
chiquita > だからw

Noel > 嘘つき少年がいなくなったんだね
moc > 主人公だったのにいなくなっちゃった
RD.-桜華- > うそつきは今向かい合ってるよw

アクト > 夢の国から、MHFへ迷い込んだのか
アクト > 男がうそつき少年だよね
アクト > 海に落ちたチキータさんだけが報われない


Noel > あの男=チキータでいいと思ったw
chiquita > 何人いるんだよww

moc > 結末が気になって寝るに寝れないねw
アクト > 後の雇われた男だね

かまたまそば > 夢の少年=大切な人=町の少年 だと思ってた。
アクト > おれも

かまたまそば > だから町の少年の声=「僕は嘘しかつけない」の声が被る、ってしたんですが
アクト > 街の少年(チキータ)は海に落とされたけど

RD.-桜華- > 「やっと会えたわね。そうそう、最近雇った男からこんなもの預かってたんだわ。
RD.-桜華- > わたしが狙われてるからってあなたがよこしてくれたんでしょ?あの男・・・。


おつ子 > みんな最後だから長いwww
アクト > 終わらないよねw

RD.-桜華- > どうつなげようか必死ですw
RD.-桜華- > なんとかキレイに終わらせたいw
RD.-桜華- > おばあさんは男に預かっていた指輪を渡しました。」


アクト > あと2話となりましたw

おつ子 > 「指輪は、それはもう一目で判るほどエンゲージ的な雰囲気がバシバシ伝わってくる代物でした」

moc > ナイスwww
Noel > ナイスだけど〆れねぇwwww

Noel > 「二人がその指輪を覗き込んだ瞬間、指輪は爆発してしまい二人は天に召されてしまいました。 

moc > wwww
おつ子 > wwwww
かまたまそば > おわたw

moc > 一体何が続くのかww
えーじ > wwww
おつ子 > 興味深いwww

Noel > 魔法を使うお婆さん、夢を操る少年、ウソしかつかない少年、それは 
Noel > 街の秩序を保とうとする街の長の策略だったのです。」オワリ


かまたまそば > !?
moc > !!

おつ子 > 大事なことに気付いたんだけど
おつ子 > タイトル、ないよね?
おつ子 > タイトルはえーじさんに


moc > そばさん歓迎会
アクト > 溺れるチキータ
Noel > 聡子オーガズム
えーじ > きこりと僕と対面座位

moc > 今度また忘れた頃に
moc > 星空だけでやってみよっか?
moc > するとどうなるか興味があるよ


アクト > 星空だと、あいうえお作文が良いよw

moc > それだ!
moc > 新春っぽくていいね
moc > 連休中にぜひやりたい


かまたまそば > あー、よく正月にやってますねw
アクト > 落とさないといけないから、星空的だよ
スポンサーサイト

テーマ : モンスターハンターフロンティア
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hsns

Author:hsns
星空のぶろぐへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード